妊娠線の予防にバッチリ~こっそり予防ちゃっかり解決~

妊婦

綺麗なママになるために

お腹と手

妊娠線を予防するためには、急激で大幅な体重増加を避けることと、皮膚の伸びを良くするための保湿ケアが重要になります。妊娠線予防オイルは保湿力の高さが、クリームはべたつきが少なく手軽に使える点が魅力です。

人気のミネラルファンデ

鏡に写る女性

オンリーミネラルは素肌に直接付けるファンデーションです。下地を使うとムラになることがあるので注意が必要です。オンリーミネラルはミネラル成分100%のファンデーションで、日焼け止めや化粧下地などの機能もあるので他の化粧品が必要なく、肌にも経済的にも負担の少ないメイクアイテムです。

出産に向けて

寝転んでいる女性

たてられる対策

赤ちゃんを授かったとき、男の子かな、女の子かなと思ったり、名前をどうしたらいいのだろうと悩んだりします。そんな中で出産に向けて色々と準備をしていきます。赤ちゃんに対しての準備だけでなく、自分自身の準備を色々としなければなりません。その中の一つに妊娠線の予防があります。妊娠線の予防クリームは色々とあります。妊娠線予防クリームはたくさんのメーカーから発売されていますが、妊娠線の予防はいつから行えば良いのでしょうか。通常できてしまった妊娠線を消すことは簡単にはできません。そのため、妊娠4ヶ月頃から始めたら良いと言われています。また、つわりがひどくてなかなかケアができない場合は、つわりが落ち着いてからでも遅くはありません。

気の払いどころ

そんな中で妊娠線の予防クリームを使っときに気をつけることは何でしょうか。それは、お腹をマッサージしながらクリームを塗っていくのですが優しく、強い力を入れないことです。また、クリームの匂いでつわりが起きてしまう場合もあるため、クリームを購入する時は、自分のリラックスできる匂いや無香料のものを選ぶと良いです。また、毎日、継続して塗ることが大切です。また、妊娠線ができてしまったからクリームを塗るのをやめるのではなく、続けることが大切です。そして、急激な体重増加は妊娠線ができやすくなってしまうため、徐々に体重を増やしていくことが大切です。痩せている人が急激に太ってしまうと妊娠線ができやすいため注意が必要です。

乾燥は肌を老化させます

ボトル

肌に対するケアは大事とされています。なぜなら、ケアはしなければ肌は一方的に紫外線などのダメージを受けていったりするからです。その受けたダメージはやがてシミに繋がるため、その対策として保湿をしていく必要があります。