妊娠線の予防にバッチリ~こっそり予防ちゃっかり解決~

夫婦

綺麗なママになるために

お腹と手

妊娠中からできること

綺麗なママになるために妊娠中に一番気をつけたいこと、それは妊娠線です。妊娠線とは、妊娠中急激に大きくなるお腹に皮膚の伸縮が追いつかず、表皮の下の真皮や皮下組織に断裂が生じてできる斑のことです。妊娠線ができやすいか、痕が残るかどうかには個人差がありますが、近年になってある程度予防できることもわかってきました。予防法として知られているのは次の二点です。一点目は急激な体重増加を避け、妊娠前の体重から10キログラム程度までの増加にとどめることです。体重の増加が緩やかであれば皮膚もゆっくりと伸び、また体重の増加があまり多くなければお腹もそれほど大きくならない場合が多いため、断裂が生じにくいと考えられます。二点目は保湿ケアによって真皮や皮下組織の弾力を改善し、皮膚の伸び自体を良くする方法です。

ケア用品、人気の理由

昨今では妊娠線予防に効果があるとされる保湿オイルやクリームも数多く販売されており、雑誌等でも特集が組まれているのが目につきます。オイルは伸びが良く少量で済む上に、保湿効果が高く、より妊娠線が残りにくいことから人気を集めているようです。クリームはオイルに比べてやや保湿効果が劣るようですが、べたつきが少なく手軽に使えるようです。また近頃ではオイル配合のクリームといった"いいとこ取り"の商品も出てきました。体調や体質によって、もしくは妊娠初期やお腹以外の場所にはクリームを、妊娠中期以降やお腹にはオイルをと使い分けても良いですね。妊娠線は一度できてしまったら、年月が経って薄くなることはあっても完全に消えることはありません。前述のようにケア用品が充実してきた背景には、ママになっても綺麗でいたいという女性の願いが反映されていると考えられます。今後はますます妊娠線の予防に努める女性が増えるのではないでしょうか。